ツーリング

2017年6月 3日 (土)

紀伊半島ツーリング 最終日

Img_20170505_075508最終日は快晴です


3この日は伊勢志摩スカイライン経由で伊勢神宮へ参拝し帰路につきます。

県道47号線 → 国道168号線 → 国道42号線 → 伊勢志摩スカイライン

1_20170529_2157二度目の伊勢志摩スカイライン

2_20161015_2013景色がいいので気持ちよく走れます

2_20170529_2149

2_20170529_2158

2017535_273朝熊山頂展望台より
空気が澄んでいたら富士山が見えるそうですよ

2017535_281良い眺めです


伊勢志摩スカイライン → 県道32号線 → 国道23号線 → 伊勢神宮(内宮)


2017535_2884年ぶりの伊勢神宮です
9時半過ぎには到着していたにもかかわらずこの混み具合


2017535_300それでも以前参拝したときよりマシでした


2017535_315皇大神宮と荒祭宮を参拝


2017535_326途中でパワースポットへ寄っておかげ横丁へ向かいます。


2017535_345ここも相変わらず人が多いです
11時頃なのにほとんどの飲食店に行列ができてました
今回も手こね寿司や伊勢うどんを食べる事が出来ませんでした


2017535_353とりあえず松坂牛の牛串を食べます
柔らかくて美味しかったのですが、脂の乗りが良いのでたくさんは食べられませんね

そして、定番の赤福もちを買って帰路につきます。

伊勢神宮(内宮) → 国道23号線 → 県道23号線 → 伊勢道 → 国道42号線 → 国道368号線 → 国道166号線 → 道の駅飯高駅 → 国道466号線 → 県道219号線 → 国道166号線 → 国道165号線 → 国道24号線 → 国道165号線 → 南阪奈道 → 阪和道 → 近畿道 → 中国道 → 西宮名塩SA


Img_20170505_162410中国道西宮名塩SAに到着です

お疲れ様でした。

相変わらず予定通りにいきませんね
もう少し計画の立て方を見直さないといけません


Img_20170531_151510いつものお土産です


走行距離 854Km
燃費    22.4Km/L ← 渋滞がなければもう少しよかったかも

2017年5月31日 (水)

紀伊半島ツーリング 2日目

22日目は曇り空で始まりました
この日は三重の奥伊勢まで北上します。

まずは県道34号線で千畳敷へ

2017535_137

2017535_139浅い海の底に砂や礫がたまってできた地層がその後隆起し、さらに波浪によって浸食を受けてできた地形だそうです。
自然の力は偉大です

そして本州最南端の潮岬へ向かいます。

県道34号線 → 紀勢道 → 県道36号線 → 国道42号線 → 県道41号線 → 潮岬観光タワー

Img_20170504_101406紀勢道を下りて間もなく雨が降ってきました
近畿地方の連休は全て晴れの予報だったんですが・・・

Img_20170504_101611生憎の雨で意気消沈でした
滞在時間10分ほどで次の目的地那智の滝へ向かいます

県道41号線 → 国道42号線 → 那智勝浦新宮道 → 県道43号線 → 県道46号線 → 那智の滝 → 那智大社

2017535_144那智の滝に到着。
バイクは那智の滝入口近くのバス専用駐車場にある臨時駐輪場にとめる事が出来ました。

2017535_153

2017535_154安全祈願をしながら護摩木を焚きます。

2017535_198

2017535_213日本一大きなおみくじだそうです。

那智の滝を後にして徒歩で那智熊野大社へ向かいます。

2017535_228 歩くこと10分ぐらい、ここに来るまでの石段が辛い

2017535_230拝殿で安全祈願です。
残念ながら本殿へは行きませんでしたが、世界遺産だそうです。

2017535_240こちらの那智青岸渡寺も世界遺産だそうです。

2017535_250石灯籠から見た三重塔と那智の滝です。

土産物屋で昼食をすませ、那智黒をお土産にして宿へ向かいます。

県道46号線 → 県道43号線 → 那智勝浦新宮道 → 国道42号線 → 紀勢道 → 伊勢自動車道 → 伊勢二見鳥羽ライン → 国道167号線 → 県道47号線 → お宿

予定では紀勢道を途中下車して海沿いを走る予定でしたが、国道42号線での予想以上の渋滞で1時間以上ロスしたため、高速ルートへ変更

それでも予定より30分遅れで宿に到着
雨と渋滞で本当に最悪でした
次回は新宮市から尾鷲市間の国道42号線を迂回するルートを探さないといけませんね

宿に到着後温泉に入る間もなく夕食です

Img_20170504_185343まぁ、それでもビールと美味しい夕食はこれまでの労をねぎらうには十分でした

ほろ酔いで部屋に帰るとそのまま布団の上で轟沈・・・
宿の前がすぐ砂浜だったので、波の音が心地よかったですね

翌日、朝風呂へ入ってサッパリします

そして最終日です。

2017年5月28日 (日)

紀伊半島ツーリング 1日目

 5月3日~5日の2泊3日で紀伊半島ツーリングへ行ってきました

Img_20170503_064943午前6時30分中国道西宮名塩SAに集合です。
毎度おなじみのメンバーです。

1今回は近場という事もあり、高速道路での移動距離は少なめです。
最初の目的地は奈良東大寺です。

中国道 → 近畿道 → 阪神高速13号線 → 第二阪奈道 → 阪奈道 → 国道369号線 → 春日大社駐車場 → 東大寺
2017535_021春日大社の駐車場から徒歩10分ぐらいです。
30年ぶりぐらいでしょうか


2017535_0341_2う~ん・・・ やっぱりでかい


2017535_042眩しい


Oi000001 大仏殿にある柱の四角い穴、ちょうど大仏様の鼻の穴と同じ大きさがあるといわれ、通り抜けると無病息災のご利益があるとか
それやったら、入らんとあかんやろという事で初挑戦
ジャケットを着たままではつっかえるので、身軽になって再挑戦


Oi000003肩幅が広いワタクシでも通り抜けられました
コツは手から入って腕を前に伸ばすことですね

2017535_079奈良公園といえばやっぱり鹿ですよね
餌をあげるときは要注意です ←狂暴らしいです

東大寺をあとにして高野山へ向かいます。

国道369号線 → 国道24号線 → 京名和自動車道 → 県道55号線 → 国道371号線 → 高野山金剛峰寺


2017535_080予想外の渋滞に時間をとられてしまいましたが無事到着です

高野山は宗教都市と呼ばれるだけあって、お寺の数が多いです。
その中でもその中心される金剛峰寺へお参りしてきました


2017535_086お昼時だったので、お参りされる方は少なめ。

予定では精進料理を食べて、中門などを散策したかったのですが、時間に押されてそそくさとあとにします

次はごまさんスカイタワーです。

国道371号線(高野龍神スカイライン) → 道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワー


2017535_104高野龍神スカイラインでは傍若無人な走り屋が多数走っていると聞いてましたが、ワタクシが走っている間はそうしたライダーは居ませんでした
ネズミ取りをしていた警察には感謝というところでしょうか


2017535_100タワーから撮った道の駅、四方をガラス張りにされていて、写真が撮りにくかった


2017535_105どの方向もこんな感じでした
曇りだったせいか、感動的な景色は臨めませんでした

そしてまた高野龍神スカイラインを走ります。


2_20170528_1554
3_20170528_1555たくさんのライダーさんから挨拶を頂きました
何か共通点があると仲間意識が高くなるんですね


2017535_108途中で寄った奇絶峡。


2017535_117涼しげな滝がありました。
この近くに不動明王が彫られた岩があると聞いたのですが、何処だったんだろう

この日の予定はこれで終了です。
あとはひたすら宿へ向けて走ります。

国道371号線 → 県道29号線 → 国道42号線 → 県道31号線 → お宿


Img_20170503_172601予定より1時間遅れで宿に到着です

やはり連休中の国道は混みますね


Img_20170503_183001しかし、温泉と美味しい夕食とで苦労が報われました

そして1日目は無事終了です

2016年10月29日 (土)

佐渡島ツーリング 最終日

 201681214_1035
最終日も良い天気です

201681214map4
この日は残りの1/3を走り、小木港へ向かいます


2_20161015_2023
昨日と変わらず信号がほとんどないので快走です

3_20161015_2024
海沿いの県道45号線は本当に気持ちがいいです


201681214_1037
佐渡汽船小木港ターミナルに到着

11:50発のフェリーで佐渡島をあとにします。


201681214_1039
さよなら佐渡島
今度来るときはもう少しゆっくりしたいですね

201681214map
そしてもと来た道を走り帰路につきます。

佐渡汽船直江津ターミナル → 国道350号線 → 国道18号線 → 北陸道上越IC → 北陸道 → 舞鶴道綾部PA

途中有磯海SA、南条SAにて給油、尼御前SAにて夕食を摂りひたすら走り続けます


Img_20160814_215755
21時55分舞鶴道綾部PAに到着です
ここで相方とお別れです。 お疲れさん

そして23時半過ぎ無事自宅に到着
疲れました~


今回のツーリングも念願だっただけに、快晴の中存分に楽しめたと思います
特に佐渡金山での金の延べ棒取出し成功は予期していなかっただけにホントに嬉しかったです
一昨年の療養生活で体力が落ちたかなと心配していましたが、まだまだ長距離ツーリングが出来るようです
次は何処へ行きましょうか

走行距離 1311Km

燃費 25.7Km/L 相変わらず燃費がいいです





2016年10月25日 (火)

佐渡島ツーリング 2日目さらに続き

 

201681214map3
佐渡金山をあとにして次の目的地大野亀へ向かいます

県道463号線 → 県道45号線 → 大野亀


201681214_922
大野亀は海抜167m波打ち際から頂上まで1枚岩からなる巨大な粗粒玄武岩の貫入岩だそうです。



201681214_925
比較的地下浅い場所にマグマが上昇し、冷えたものが地殻変動、風化や浸食で周囲の地層が取り除かれ、現在の姿になっているそうです。


201681214_1026
現在は頂上へ上がる事が出来ません


201681214_994
とてもいい天気です

201681214_990
そして遠くに見えるのが二ツ亀です


201681214_985
これも巨大な粗粒玄武岩質の貫入岩だそうです。

予定では二ツ亀へも行くつもりでしたが、時間との兼ね合いで遠くからの眺望のみです

そして、本日のお宿へ向かいます

県道45号線 → 国道350号線 → 本日のお宿 

1_20161015_2005


1_20161015_2011


1_20161015_2022


1_20161015_2049_3
海沿いを走る県道45号線にはほとんど信号がなく、ほぼノンストップでした


Img_20160814_081641
そして無事お宿へ到着


201681214_1033
温泉で旅の疲れをゆっくり癒してからの豪華な夕食
旅の醍醐味ですね

翌日の長距離移動に備えて早目の就寝・・・


最終日に続く

2016年10月20日 (木)

佐渡島ツーリング 2日目続き

 

Img_20160813_121346
大佐渡スカイラインを快走し佐渡金山に到着です。

201681214_725
今回は宗太夫坑へ行きます


201681214_730
階段を下りトンネルに入ります。


201681214_733
水上輪という坑内の排水ポンプです。

201681214_737
こんな風に手で掘っていくんですね

201681214_742


201681214_752


201681214_767
いくら賃金が良くてもこの狭い空間での仕事はきついでしょうね

201681214_782


201681214_783


201681214_790
人形がリアルすぎてキモイです

201681214_807

高所恐怖症のワタクシには無理な仕事です

201681214_814


201681214_828


201681214_829


201681214_840


201681214_849


201681214_855


201681214_867
そして宗太夫坑をあとにして展示資料館へ


201681214_886
蟻の巣みたいですね


201681214_893


201681214_895


201681214_899
佐渡奉行所を中心とした鉱山町


201681214_905
この船で金が運ばれていたんですね
ホントに宝船ですね


201681214_914_2
ここでは時価約6,200万円、12.5Kgの金の延べ棒に触れます


201681214_915_2
さらにこの金の延べ棒を丸い穴から取り出す事が出来れば粗品を頂けるという事で早速挑戦


Oi000001_2
結果は、金欲パワー全開で穴から取り出す事が出来ました
ズッシリとした重量感・・・これが6,200万円か・・・


Fb_img_1471067949997
粗品は純金のカードでした
平成13年から始まって以来1991人目の成功者です


成功の余韻にひたりつつも次の目的地へ向かいます


続く・・・

2016年10月15日 (土)

佐渡島ツーリング 2日目

 2日目は島内を観光します

201681214map2
まずは砂金を採りに西三川ゴールドパークへ向かいます。

県道45号線 → 国道350号線 → 県道432号線 → 西三川ゴールドパーク

201681214_575
ここでは砂金採りの体験が出来ます
まずは資料館から

201681214_576
この金の粒が・・・
201681214_577
これだけ大きく伸ばす事が出来ます

金は熱伝導、電気伝導、展延性、耐食性に優れた金属だそうです。

201681214_578
欲し~
201681214_585
おいくらなんでしょうか

201681214_587
純金カードなんて誰に配るんだろう

資料館を出て砂金採り体験をします

201681214_600
この皿を使い比重の大きさの違いという特性を生かした方法で砂金を採ります。

係員の真似をして、まずは砂をさらい水の中でグルグル回しながら遠心力で小石や砂を取り除いていきます。

これをひたすら丁寧に行います

すると比重の軽い小石や砂が遠心力で飛ばされ、比重の重い金や砂鉄が残ります。

そして1mm程度の砂金を採取します。

ワタクシは30分で2粒の砂金をゲットする事が出来ましたが、正直なところ時間が足りなさすぎます

Img_20160813_094809
採った砂金をキーホルダーに入れて持って帰る事にしましたが、途中で中身を見てビックリ
砂金が1粒しか入っていませんでした
相方のキーホルダーの中にも3粒採ったはずの砂金が2粒しか入っていませんでした
砂金ではない物が混じっていたのか

しかし、まぁ楽しい時間ではありましたよ ←金欲まる出しで

西三川ゴールドパークをあとにして、佐渡乳業へ向かいます

県道432号線 → 国道350号線 → 県道194号線 → 国道350号線 → 佐渡乳業

201681214_605
ここでは佐渡産の牛乳を使用したソフトクリームを食べる事が出来るという事で早速・・・

201681214_608
ミルクソフトです。
濃厚なミルクの味ですがあとを引かない甘さで美味しかったです

少し時間が押していたのでそそくさと次の目的地交流センター白雲台へ向かいます

国道350号線 → 県道463号線 → 交流センター白雲台

201681214_618
展望台から南へ真野湾と小木半島を臨みます

201681214_621
東は両津湾と加茂湖を臨みます

晴天でしたので気持ちが良かったです

201681214_688
そして大佐渡スカイラインへ

つづら折りの楽しい道と風景に気をとられて一気に駆け下りてしまったので写真がありません

そして佐渡金山へ・・・

続く

2016年10月11日 (火)

佐渡島ツーリング 1日目

 8/12~14の2泊3日で佐渡島へ行ってまいりました
念願だったツーリングでしたが、フェリーの乗船料と予約のとり難さにはまいりました


午前2時半起床、3時半前に自宅を出発、集合場所の舞鶴若狭道綾部PAへ向かいます

201681214_003
今回もMT-09TRAと但馬牛のX-4です。

201681214map
5時過ぎ綾部PAを出発、北陸道を通り一路佐渡汽船直江津ターミナルへ向かいます
途中、約一時間ごとにPAで休憩、南条SA、小矢部川SAにて給油、名立谷浜SAにて昼食をとります。

201681214_012
北陸道上越IC下車 → 国道18号線 → 国道350号線 → 佐渡汽船直江津ターミナルに着きます。

201681214_030_2

201681214_049_2
10分の遅延で14時20分出港です
行ってきます

201681214_088
1時間40分の船旅・・・暇です
船内探検・・・も客席ばかりで面白くない
室外展望は後部甲板のみ・・・
後部甲板から写真を撮ってみるが青い海と空、遠くに見える雲と霞んで見える本土。
のどかではありますけどね

201681214_164_2
16時前に下船準備開始、関東、中部地方のナンバーばかり


201681214map1
16時過ぎに無事下船、たらい舟を乗りに矢島体験学習館へ向かいます。

201681214_558

201681214_167
もともとは漁をするための舟だそうです。

201681214_176
初めて乗るたらい舟、よろしくお願いします

201681214_189
ガイドをしていただきながら湾内を一周します。

201681214_240
矢島は良質の矢竹が採れるそうで、源頼政が紫震殿の怪物ぬえを退治した時の矢に用いられていたのがここの竹だそうです

201681214_283

201681214_338
最後はたらい舟を実際に漕がせてもらいますが、前に進むどころかその場をくるくる回るばかり・・・
体験は数分ではありましたが、少しコツが分かったように思います
次こそは・・・次はあるんだろうか

201681214_358


201681214_465


201681214_468
経島にある無人の別荘、門柱は流木だそうです。

201681214_480
一通り島を回って本日の予定は終了です。

宿へは数十秒で着きます

201681214_569
夕食はこんな感じで新鮮な海のものばかり
海の幸をあてに自家製の梅酒を頂きました
美味しかったです


一日目の殆どが移動でしたが、たらい舟体験はなかなか楽しかったです

二日目に続く
















2016年5月18日 (水)

山口ツーリング 2日目

 

Img_20160504_074227
 2日目は晴天です
宿主さんに無理を言って朝食時間を少し早めていただき8時過ぎに最初の目的地角島へ向かいます。

Img_2_2
県道38号線 → 国道491号線 → 国道435号線 → 国道191号線 → 県道275号線 → 角島

清々しい天気の中、朝からクネクネ道を走ってウォーミングアップ
角島まで約1時間です。

2016534_251
9時過ぎに角島大橋に到着しますが、この時間でも駐車場は混んでました。
海士ヶ瀬公園駐車場より角島を臨む

2016534_219
角島の瀬崎陽の公園より本州を臨む

天気は良いのですが沿岸部は猛烈な風が吹いており、遮るものがない吹きっさらしの橋を渡るのは大変でした
明石大橋だったら間違いなく二輪車通行止めだったでしょうね

次の目的地は元乃隅稲成神社です

Img_3
県道276号線 → 県道275号線 → 一般道 → 国道191号線 → 県道66号線 → 元乃隅稲成神社

2016534_268
元乃隅稲成神社です。
太鼓谷稲成神社から分霊された神社だそうです。
この鳥居の上に賽銭箱があって下からお賽銭を投げ入れます。
何回も投げ入れてみますが入りませんでした 御利益なし

2016534_344
海の青と朱の色の取り合わせがいいですね
2016534_287


2016534_290
お宮さんにはお参り待ちの長蛇の列が出来ていましたのでお参りはパスします


次の目的地はJR山口線を走るSLやまぐち号が見れるビューポイントです

Img_4
徳佐駅を12:41に出発するやまぐち号の通過にに合わせるため足早に目的地へ向かいます
県道66号線 → 国道191号線(山陰道) → 県道11号線 → 県道10号線 → 県道328号線 → 県道310号線 → 国道315号線 → SLやまぐち号ビューポイント


2016534_359
ポイントに到着するとすでにたくさんのカメラが並んでいました
インターネットなどで紹介されているポイントにはおそらくたくさんの方が訪れているとふんだワタクシ、グーグルマップで独自に調べたポイントだったんですがねぇ・・・
機関車の加速区間である事、線路が湾曲しているところ、一般道沿いにある事、この三つの条件がドンピシャの場所がここだったんですね

2016534_379
遠くで汽笛が鳴りようやくお目見えです

2016534_390


2016534_408


2016534_412


2016534_417


2016534_419
生まれて初めて実物の走る機関車を見る事が出来ました
凄い迫力でした
本当に見れて良かった

感動の余韻にひたりながら道の駅 津和野温泉なごみの里で昼食にします
レストランが満席で待ち状態だったので、露店で売っていたたこ焼きとアップルパイをいただきました

そして本日最後の目的地太鼓谷稲成神社へ向かいます。

2016534_431
日本の五大稲荷のひとつ太鼓谷稲成神社です。
朱の色が鮮やかで綺麗です
ここではしっかりお参りする事が出来ました
公私共々良い縁がありますように・・・

2016534_434

2016534_437


2016534_440
山の中腹にあるので眺めがいいです

2016534_453
ここにも奉納されたたくさんの鳥居があります。

2016534_459
表参道を下りていきます。

2016534_465


2016534_471


2016534_485
表参道入口の売店で源氏巻アイスを食べます。
中はあずきアイスでした
美味しかったですよ

2016534_595
最後に津和野駅から出発したSLやまぐち号をみて帰路につきます。

Img_5
県道13号線 → 一般道 → 国道9号線 → 県道226号線 → 県道3号線 → 国道187号線 → 中国道六日市IC → 安佐SA → 勝央SA → 安富PA

2016534_622
無事に安富PAにて解散
お疲れ様でした
終始渋滞もなく快適に走れました。

初日は昼ごろから雨、しかも強風でえらい目に遭いましたが、2日目は強風でしたが晴天だったのが救いですね

今回は1泊2日だったのでちょっと贅沢な旅にしてみましたが、自分で言うのもなんですが、本当に良かったと思います。

次は何処へ行きましょうか

Img_20160504_234136
カレーの王子様のお土産はこれです

Img_20160504_232946

走行距離  1055Km

燃費  26.1Km/L (走行距離の7割ぐらいは高速道路を走行したんでね




2016年5月15日 (日)

山口ツーリング 1日目

 5/3~4の1泊2日で山口ツーリングへ行ってまいりました

Img_20160503_061019
今回もMT-09TRAと但馬牛X-4です

GWで混雑が予想される山陽道を避け中国道にて第一の目的地秋芳洞へ向かいます

中国道安富PAを6時過ぎに出発、勝央SAにて給油、帝釈峡PAで休憩、安佐SAと美東SAで給油&休憩をしながら美祢東JCへ向かいます。

Img_20160503_100909
途中心配していた雨が降ってきたので吉和SAで雨具を装着、西へ行くにつれて風がかなり強くなり徐行運転を余儀なくされ美東SAへは予定より40分以上遅れての到着です。

Img_20160503_123250
取りあえずお昼御飯です
美東チャンポンです
そしてまた強風と雨の中、美祢東JCで下車し秋芳洞へ向かいます

2016534_004
予定時間より1時間以上も遅れて秋芳洞に到着近くの市営駐車場に駐輪します(二輪車は無料でした)
到着してからも強風(傘がおちょこになるぐらい)と雨が収まる事はなく、傘を深々とさしながら秋芳洞へ向かいます。
大人1,200円

2016534_019
洞窟の中はかなり広く涼しいです

2016534_024
こちらは冒険コースです。300円を入れて備え付けの懐中電灯をもって入ります。
ワタクシ達は時間がないのでパスしました

2016534_034
百枚皿

2016534_058
洞内富士


2016534_072
南瓜岩


2016534_086
大松茸


2016534_088
縮緬岩


2016534_090
千町田


2016534_104
ライオン岩


2016534_111
大黒柱


2016534_113
空滝


2016534_129
黄金柱


2016534_138
石灰華の滝


2016534_144
岩窟王


2016534_154
龍の抜穴


2016534_167
マリア観音


2016534_180
くらげの滝のぼり

2016534_203
この他にも色々ありました

2016534_201
行は写真を撮りながら、帰りはてくてく歩いて往復で約1時間30分、よく歩きました
相変わらず雨風が強く、時間が押していたので秋吉台はパスします

Img_
ここからは一般道です。
県道32号線 → 県道31号線 → 国道316号線 → 県道267号線 → 県道38号線 → 県道38号線 → 県道34号線 → 県道38号線 → 俵山温泉
雨の中のクネクネ道も楽しいですね
相方さんは辛いだけだったでしょうが・・・

17時少し前に宿へ無事到着
宿に着いたころ雨が止みました

荷物を片付けて夕食です

2016534_214
仙崎のとらふくフルコースです
ひれ酒、前菜、ふく刺、ふく唐揚、ふくちり、雑炊、フルーツ
とても美味しかったです
特にひれ酒は初めてだったので香ばしい香りと味が最高で、あまり日本酒が飲めないワタクシでも好きになれる味でした

お腹も心も満たされた後は温泉白猿の湯へ
露天風呂で疲れも癒されました

この日は途中から降りだした雨と特に強風に難儀を強いられどうなる事かと心配しておりましたが無事1日目を終える事が出来ました

2日目に続く・・・

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自分のバイクを乗りこなしたい!そんな方へ・・・

  • CRSライディングスクール
    長年積み重ねてきた豊富な知識や経験から独自のカリキュラムでバイクの楽しさ、安全とは何かを知ってもらい、バイクに乗っている、乗っていた、これから乗ろうと思われている方々から容貌の眼差しで見てもらえる、そんな高い理想を掲げて活動されております。 (ジムカーナ競技等の練習会ではありません!)
  • 淡路安全運転二輪講習会
    全てが手作りのアットホームな講習会です。特別指導員お1人とスタッフ数名という小規模な活動ではありますが、的確なアドバイスで走りを大きく変えてくれます!みんなで楽しくスキルアップできるそんな講習会を目指して活動されております。 (ジムカーナ等の練習会ではありません!)
  • 不正改造車(消音器など)は理由を問わず参加できません!ご注意ください!