ライディングスクール&二輪講習会

2008年12月14日 (日)

CRSライディングスクール 其の一

 本日、CRSライディングスクールへ参加してきました。10月以来2ヶ月ぶりです。
まず、雨が降らなかった事に感謝しますm(_ _)m
出発の10分前まで降ってたんで、カッパを用意してましたが、雨が小降りになってきたんで、もしや・・・と期待した通り雨がやみました\(^O^)/
速攻で出発したものの、寝ぼけ眼で爆走しすぎて池田まで行ってしまいました(ノ∀`) アチャー
会場では特練の方々が早朝にも関わらず、すごく気合の入った練習をしていました。イントラ候補者のようです。早く着きすぎたので一時間ほど特練の練習を見てました。ワタクシが真似できるようなレベルではありませんでした┐(´-`)┌

さて、準備運動が終わり、まずは久々の八の字ですが、まるっきり感覚を忘れてました。イントラの方からたくさんの指導を受けました(_´Д`)ノ(´□`。)°゜。
『大きく入って小さく出る』大型バイクの基本中の基本がなかなか出来ずに苦戦ι(´Д`υ)
前半はクラッチを多用してた上に、進入が小さい為、パイロン横では小さく曲がろうとして超減速するんですが、エンストしてしまうのでは・・・という思いがあってハンクラが欠かせませんでした。次のパイロンでも同じような状態に陥りギクシャクしてました。しかし、イントラさんに何回も手本を見せて頂いたり、進入位置を何回も示してくれたりてして頂いてるうちに、閃きのようなものがありました。大きく進入した結果、必要以上に減速しなくても曲がることができるようになり、ハンクラを使うことが無くなりました。トルクはリヤブレーキで抑えることができ、スムーズに進入、立ち上がりができるようになり、後半はお褒めの言葉を頂きました(*´v゚*)ゞ

・・・続きは次回にしましょう。。。 ねむい・・・_| ̄|○

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

CRSライディングスクール 其の二

 はいっ 続きでございます。
八の字の次は急制動と坂道発進、続けて直パイロン、千鳥パイロンでございます。
始めは30km/h、二速、次は40km/h三速、50km/h三速と徐々にスピードをあげての急制動ですが、これは慌てずブレーキを掛けることで誰でも簡単にこなすことができます。前回のスクールでは、フロントのロックを恐れてリヤブレーキを強く掛けていたため、リヤがロックすることが多いのに対し、今回はフロント重視で、自分なりにフロント6、リヤ4といった力配分で掛けていたのでリヤがロックすることもなく、制動距離も前回よりも短くなったように感じました。ブレーキの掛け方も、ギュッとではなく、グ・グーと掛けることによりロックする限界を延ばしてやることが出来るようです。自分が思っているよりフロントってロックしにくいようですネ。
坂道発進は楽勝です。何でこんなことやってるんだろうと思ってましたが、CRS代表のNABE様が『空手の練習を始める前に初級者、上級者にかかわらず、必ず基本となる動作、突き、蹴りをすることにより余分な動作を省き、それに徹した動作を身につける』というお話をされていました。坂道発進も然りということですネΣ( ̄ロ ̄lll)

今日はこのぐらいにしておきましょう(^.^)/~~~

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

CRSライディングスクール 其の三

 続きでございます。
直パイロン&千鳥パイロンですが、やはりここでもハンクラ使いまくりです。先ほどの八の字でワタクシは何を学んだんでしょうネ┐(´д`)┌
トルクはリヤブレーキで抑えれるのに・・・と頭にありながらも、どうしてもクラッチを使ってトルクを抑えようとしてしまうんです。更に、しっかりブレーキも掛けてます。リズムが合えばテンポよくクリアーできるのですが、それが狂うとテンポがおくれて次のパイロンが入りにくくなってくるんです(ノ∀`) アチャー
ハンクラでブレーキ掛けながらアクセルを開ける、こんなことしてたらテンポが狂うのは当たり前ですな┐(´-`)┌
そこで、ブレーキ踏みっぱなしでアクセルワークで何とかやってみようと挑戦するが、直パイロンはどうにかクリアーできたが、千鳥パイロンで『ガシャン』とやってしまいました( ゚д゚)ポカーン
200812141213000 本人に外傷は見られませんでしたが、心とバイクに傷を受けてしまいました(T_T)
とっさに起こしに来てくださったCB1300の方、ありがとうございます<m(__)m>

200812141215000_2 イントラの方も大変心配して気遣っていただきありがとうございます<m(__)m>
転倒の原因は定かではありませんが、パイロン通過時のバンクが深いところで急にアクセルを開けたためと思われます。
その後、気を取り直して再チャレンジですが、なかなか上手いこといかず終了です。
次回の課題です。

次に、一本橋、S字、クランク、ブロックスネークが入り混じったコースです。

続きは次回に・・・

| | コメント (2)

2008年12月21日 (日)

CRSライディングスクール 其の四

 え~ 続きでございますが、あれから一週間が経ちました。そろそろ記憶が曖昧になってきそうです(・_・)エッ....?

一本橋ですが、相変わらず最初の一本目は失敗します(;´д`)トホホ…
スタンディングでのトライは苦手でしたが、イントラの方が『体をもう少し前に持ってきて』って言われた通りにしてみると意外と楽に出来るんです。ヨロヨロしながら脱落していたのが、最後まで渡りきることが出来るようになりました(^^)v あとはもっと安定させながらタイムを伸ばすことですネp(^o^)q
S字、クランクですが、ライン取りが重要ですネ(^.^)b
最初に大きく入らないと次が曲がりにくくなります。最初は低速でゆっくりラインを確認して、次から徐々にスピードアップです。イントラの方の流れるような走り方は到底真似できませんが、もう少し走り込んだら何か閃きそうでした・・・これも次回の課題です。
ブロックスネークはもはや論外です。二つ目の段差のあるカーブで必ず脱落します。
正直、バイクが曲がらんのです(T_T)たぶんバイクを曲げる何かしらの方法があると思いますが・・・何でしょうかねぇ?

っていうことで午前の部は終了です。
CRSさんの参加料って結構高いんですが、お昼御飯がついてるのは有り難いですねヽ(´▽`)/
では、午後の部は次回に・・・

| | コメント (2)

2008年12月26日 (金)

CRSライディングスクール 其の五

Crs_4  ここからはコースの図がないと説明しにくくて、頼りない記憶を基にして作りました。

では、午後の部でございます。
障害物回避に始まり、S字、パイロン、クランク、狭路Uターン、S字、千鳥パイロン、狭路での障害物回避でゴールです。
まず、班ごとに連なって下見走行です。ワタクシ順番が一番最後だったのが幸いしました。
他の皆さん結構速いんですΣ( ̄ロ ̄lll)
前の方と差が広がっていくと結構焦るんです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
最初のS字で離され、クランクで更に離され千鳥パイロンで更に離されます。゜゜(´□`。)°゜。
原因は何となく分かっていました。一速、二速の切り替えでの必要以上の減速と千鳥パイロンから狭路での障害物回避の入り口で進入角の悪さでパイロンに接触しそうになり、異常なまでの減速をしてました(;´Д`A ```
さすがに見かねたイントラの方が、『そんなに入りづらいか?』と声を掛けてきたので、『ちょっとつらいですね』と答えました。その後のワタクシの狭路進入をみて、わざわざ進入の仕方をコース沿いに歩いて説明してくれました。原因は千鳥パイロンの最後のパイロン進入にありました。結構大きく取ってたはずのライン取りがまだ足りないとのことでした。
更にCRS代表NABE様から、『全部一速で走ってみて』とのお言葉を頂き、早速試してみました。
・・・本当にびっくりしましたw(゚o゚)w走りが変わりました。
変速による減速のロスが少なくなり、狭路進入も更に大きくライン取りをした結果、進入しやすくなり、必要以上の減速をしなくても良くなり、すんなりクリアー出来るようになりました。
今まで焦っていたのが冷静になり、一速でのトルクコントロールもリヤブレーキでしっかり抑えるようになり、やっと本来の走りが出来るようになり、前の人を追い抜かす勢いです( ̄ー ̄)ニヤリ
ここで改めてイントラの方の凄さを実感しました。少しのアドバイスで走りを大きく変える・・・う~ん、惚れ惚れします(*´д`*)
『前の人に追いつこうとしたらだめなんです!まずは自分のペースで走り込むこと!そうしている間に速くなってくるんです。』ってイントラの方がおっしゃいました。
CRSライディングスクール其の二で書いている、NABE様の空手のお話と似てますね(^o^)b
本当に目から鱗です;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

今日はここまで(^.^)/~~~

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

CRSライディングスクール 其の六

Crs2_8

 続きでございますが、最後は教習コースを大きく使ってのハイスピードコースです。
まずは上級班の方からですが、結構スピードを出してます。目の前を通過するのを観てると首がおかしくなりそうです((゚゚дд゚゚ ))!!
スピードが出てるにも関わらずコーナーでステップを擦らずに曲がっていく・・・
やっぱり減速と加速の使い方や荷重のかけ方が上手いんでしょうネ(゚0゚)
ワタクシも自分なりにリーンインで頑張ってみましたが、一、二回目は様子見でトコトコ走ってましたが、コースに慣れてくると結構なスピードが出てるんですね(lll゚Д゚)
予想通りコーナーでステップが擦れてしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)
そこで、コーナー入口のもっと手前から減速して、体を更にイン側へ傾けて頑張ってみました。どうにか曲がり切れました( ̄ー ̄)ニヤリ
他の方のバイクとは違い、重いうえにタイヤが太く重心が少し高めなんで、二歩、三歩先を読んで重心移動を済ませとかないと間に合いません。
そして立ち上がりですが、ここでバイクを強引に立ち上げようとする自分に気づきましたΣ(゚д゚;)
一つ目のカーブからS字に曲がるコーナーまであまり距離がなく、次のコーナーの為の荷重移動が遅れるからです。イントラの方はバイクの挙動に逆らわず滑らかに曲がってました。どうやったらあんな走りが出来るのでしょうね?これも次回の課題です。

・・・っていうことで長々と書き綴ってきましたが、一回や二回の参加で上手くなれるようなあまいものではないということを実感しました。おそらく参加すればするほど課題が増えていくように思われます。イントラの方もそうやって一つ一つ悩んでは克服しながら上手くなられたんでしょうねφ(・ω・ )メモメモ
スクール皆勤の三名様が表彰されてましたが、さすが上級班ばかりです。それも内二名は女性ですw(゚o゚)w すごく上手いです。『継続は力なり!』学生の時よく耳にする言葉を思い出しました(^o^)b
ワタクシ今回のスクールで得た次回の課題がありますが、スクール終了後にCRS代表NABE様からでた言葉はワタクシにとって、これからも頑張っていこうという決意を崩す一言でした・・・ 
途切れ途切れに『今日で・・・最後です・・・』
一瞬何のことか分からずにいましたが、後からの説明で練習場所が無くなったとのことでした。今回まで練習場だった教習所が日曜日も営業するそうです。イントラの方ですらスクール当日の朝まで知らなかったそうです。
最後のあいさつをされるイントラの方々の言葉からは痛いほど悔しさと悲しみが感じられました。

『楽しく 安全に 美しく』をキャッチフレーズにライディング技術向上による事故防止活動をされていますが、こういった活動はもっと支援されてもよいのではないかとつくづく思います。

気長に次回のスクール開催を待っています。

これにておしまい・・・

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

淡路安全運転二輪講習会

 本日淡路安全運転二輪講習会に参加してきました(^o^)/
講習会場の広さにはびっくりしました( Д) ゚ ゚200901180926000_2
県からの借地のようですが規制があり、特に騒音や器物破損、モラルのある行動をとるということを講習前に厳重注意されました。
確かに民家が近くに建ってたりしてるんで、苦情があると借りれなくなるようです。

まず、今年最初の講習会ということで近くの神社まで安全祈願に行きました。ワタクシの願いは、今年一年無事故無違反、雨男返上ということで心をこめて五百円も賽銭箱へ入れました。

そして講習会場へ・・・

今日はここらが限界です・・・ 本編は次回に・・・<m(__)m>
腰が痛てぇーー

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

淡路安全運転二輪講習会 本編

 え~本編でございます。
念入りに体操をした後は、いよいよ講習開始です。どうやらワタクシの他に二名が初参加されるとの事でしたが、天気予報では降水確率90%でしたので雨を予期してキャンセルされたようです。おかげで午前中はほぼマンツーマンでご指導頂けました(^^)v

・・・で午前中でございますが、ライディングの基本姿勢を教えて頂きました。まずニーグリップの仕方ですが、太ももでタンクを挟み込む・・・当たり前のことですが、更につま先はイン側を意識してくださいとの事です。実際に地面に立ってライディングフォームをとり、まずはつま先をアウト側へ開いて内股を閉じニーグリップの状態にしてみました。そこへ指導員の方が内股をポンッって軽く叩いただけで内股が開いてしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)
次につま先を内側へ向けて同じフォームをとり内股を叩きましたが、しっかり固定されてるみたいに動きません。人間の骨格はそういう風に出来てるそうです。知識的には知ってますが実際その違いを試してみると『なるほど!』って思いますネw(゚o゚)w

お次はグリップの握り方ですが、ワタクシの握り方はハンドルに対してほぼ垂直なんです。白バイのライディングフォームの真似ですネ。これは大きな間違いだそうですΣ(゚д゚;)!!
こいう握り方をしている方の大半はUターンが苦手だそうです。曲がるときに腕が突っ張っちゃうんです。すると体は曲がる方向の逆のアウト側へ傾いちゃうんで体重がイン側へ掛からず曲がりにくくなるそうです。正しい握り方?は、左右の拳の向きが直線上できちんと並んでいる状態が良いそうです。ワタクシのバイクではハンドルに対して約45°ぐらでしょうか?握るというより、握り込む感じですネ(^o^)b

まさか、ここまで基本的なことから教えて頂けるとは思いもよりませんでした。バイクに乗り始めて約九年・・・ 無駄に乗っていたのがよく分かります(T_T)

今日はここまで・・・

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

淡路安全運転二輪講習会 本編Ⅱ

 続きです。
基本を教えて頂いた後は、八の字です。指導員の原付の後ろについてひたすらグルグル回っておりましたが、全くついていけません(T_T) めちゃくちゃ早いですΣ(゚д゚;)
一通りワタクシの走りを見てバイクを止め、『体とバイクの傾きは一緒のリーンウィズを心がけて下さい』とのこと(゜-゜)...? ワタクシここでもでました白バイ風のリーンインな乗り方・・・ 今は駄目だそうです。白バイの隊員さん達は転ばないことが絶対条件です。その上バイクのタイヤ自体がツーリング系で固いんで、出来るだけバイクを倒さず曲がるというところからリーンインを多用するようです。もちろんリーンウィズをマスターしてのリーンインです。ここがワタクシと違うところです。リーンウィズは基本です。たいていの方はそれができていないそうですΣ( ̄ロ ̄lll) だからそれをマスターしてほしいそうです。
その次のお言葉が、『きちんと真ん中に乗れていないでしょう?』って聞かれたんで『???』でした。『左はきれいに曲がれてるのに右は曲がりにくそうですね、重心が少しずれてるようです』って・・・ 自分では気付かなかったけど、少し意識して乗ってみると、確かに右周りはぎこちないです(lll゚Д゚) なんで、重心をほんの少し右へ移動。。。『最初の頃よりだいぶん良くなったよ』って言ってくれたのも束の間、今度は顔の向け方を指摘されましたΣ(゚д゚;)
曲がる方向へ顔を向けますが、『顎が肩に乗るくらいを意識して』との事です。とりあえず言われるがままに思い切って顔を向けてみると、バイクが更に曲がろうとするんですw(゚o゚)w
思い切って顔を向けることにより、体もそちらへ向くので、セルフステアを阻害しにくくなります。
『今日はこれらを必ず覚えて帰ってください』って言われました。その後はひたすら八の字でグルグルグルグル回っていました。腰がすごく痛くなりましたι(´Д`υ)
そして、お昼の休憩前にコースを覚えてくださいって言われて、ある方の後ろにつき、コースを回りました。ワタクシ物覚えが悪いんでなかなか覚えれません(T_T) 引率してくれた方本当にすみません<m(__)m> ・・・でこの引率してくれた方、実は二輪車安全運転全国大会優勝経験を持つ偉大な方だったんです。恐れ多いことです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

そして昼食です\(;゚∇゚)/
寒いはずなのに汗かいてました(;´▽`A``

続きは次回に・・・

| | コメント (2)

2009年1月24日 (土)

淡路安全運転二輪講習会 本編Ⅲ

 はいっ続きです。
朝に頼んでおいたお弁当を頬張ってると、ポツリポツリと雨が降ってきましたΣ( ̄ロ ̄lll) 予想通りです(T_T) とりあえずお弁当を口に押し込んで合羽の用意です。
そして午後の講習ですが、いきなり一本橋を計測するそうですΣ(゚д゚;) 何分初めてなもので講習のながれが今一分かりません。脱落したら計測されないんでとりあえず最後まで渡り切ることを目標にいざ挑戦! ドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッド・・・13”05・・・まあこんなもんでしょうι(´Д`υ)アセアセ 次回は15”00越えですネ<(`^´)> ←目標低っ
この後は『コースを回ってください』って一言で放置状態です。慣れないコースを間違えながらも何とか回ってると、親切な方が先導してくれました(^o^) ちょっと間その方とランデブーです。『少しでも走行ラインに直線があればアクセルを開けてください』って言われるんで取りあえず開けてみますが、非常にギクシャクしてます。何せ路面が濡れてる上に一速で走ってるもんでスリップしないかと冷や冷やもんです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ 『成り行きの直線でなく直線を多く作るライン取りをしてください』ってアドバイスを頂きました。・・・そうです大型バイクの基本、『大きく入って小さくでる』ズバリこれです(^o^)b 
それからひたすらコースを回ってると、指導員の方から『何か聞きたいことがありますか?』って聞かれたんで『今のところは先ほどの方にアドバイス頂いたことを練習してます』って言ったら『そんな技術が高いことはしなくていいよ』って言われるんです(・_・)エッ....? 今日は午前中に教えて頂いたことを覚えて帰ってくれればそれで良いそうです。とことん基本に忠実です(`^´)
。。。でまた放置状態です。しかしここで気付いたんですが、ワタクシがアクセルをパーシャル状態で直パイをスイスイ通過してるんですw(゚o゚)w 正直びっくりしました!!(゚ロ゚ ) 更にパイロンスラロームもハンドルをガチガチに握って曲がっていたのが、握り方が柔らかく、自然にバイクが傾くようになってました。これは基本に忠実だったからでしょうか?ここからは更に楽しくてしょうがありません(^o^)/ 
・・・本編Ⅱに書くのを忘れてましたが、『リヤブレーキ』をフルに使います。常にチェーンが張った状態に保つことでバイクの挙動の時間差を低減し、更にトルクを抑えてアクセルのオンオフをマイルドにするんです。『あるものは何でも使いましょう!』っておっしゃってました(^o^)b なんで、八の字も直パイも応用千鳥も一本橋もコーナーもあらゆるところでリヤブレーキを使ってました。『リヤブレーキは曲がる為のブレーキ』っていうことですネ(^^)b

やはり楽しいことはすぐ終わっちゃいます(T_T) 時間は16時前です。『え~もう終わっちゃうの』なんて思いながら本日の講習は終了です。清々しい疲れです。いつの間にか雨もやんでます。いやーホントに楽しかったです。

ここの講習会は指導員の方が一人で教えているそうなんで、受講生一人一人が自分なりの課題を立て練習しているようです。それに対して簡潔で的確なアドバイスをするそうです。
最後ですが、こんなこともおっしゃってました。『最後に行き着く先は皆同じですが、その過程は違います。足し算で3という数字になるには1+2や3+0などその考え方は人によって異なります。だから自分の足し算をすればいいんです。』・・・人の真似はあまりしない方が良いということなのでしょうか?

是非来月も参加したいと思いますが、次のアドバイスまではひたすら基本走行です<(`^´)>

おしまい・・・ 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧