« 第291回CRSライディングスクール Photo | トップページ | 第292回CRSライディングスクール Photo »

2017年2月 8日 (水)

第292回CRSライディングスクール

 先日、また雨の中スクールへ参加いたしました

先月の雪に比べると、やや気温が高ったことが救いでした

この日は先月の課題を思い出しながら改善に努めます。

一本橋、着座28秒、スタンディング29秒
自己カウントで30秒のはずが2秒もの誤差、±1秒以内に修正しないと・・・
スタンディングは1秒の誤差なので良しとしましょう
イントラさんからは一本橋の1/4を過ぎたあたりからタイムが伸び始めてるというご指摘を頂きました。おそらく一本橋にフロントタイヤが乗り上がった際にバランスを崩し、それを修正している距離なのかもしれませんね
次回より気を付けてみましょう

八の字では右回りと左回りとで同じ円がかけていないという前回の問題に対し、バイクとパイロンの距離を目測ではありますが、しっかり確認しながら侵入ポイントを決めていく事と、左右とも同じフォームを作ることで改善できたと思います
フォームはイントラさんにチェックしてもらうといいですね
そして、右回りに少し苦手意識がある理由、ハンドルを右に曲げるとアクセルやフロントブレーキの位置が身体に近くなり肘が身体につっかえるような感じで操作し難くなる事です。ハンドルをフルロックしての旋回では特にそれを感じます。
なので、肘を操作の邪魔にならない位置に引く事で操作しやすくなります。
あとは慣れの問題ですね

定常円でのリーンアウトですが、常にフォームを気にすることで改善できました。
掛かるべきところにしっかり荷重が掛かっているのか、内側の腕がきちっと伸びているのか・・・と考えながら回っていると案外しっかりフォームがとれていたりするんですね
しかし、更にバンク付けをするには、もう少しスピードが必要になりそうですね

スラロームコースは事前準備のおかげで走りやすいラインで走行できました。
しかし、直パイでのハーフスロットルを入れたアクセル操作でちょっとつまずいています。
しっかりリヤブレーキが使えてないのが原因と思われますが、当分悩みそうです

今回は前回のスクールからあまり日にちが経ってなかったので感覚が残っていたせいか、リヤが滑ることはほとんどありませんでした。旋回からの加速も丁寧なアクセルワークでスリップする事もなく、素早い立ち上がりが出来たと思います。

次回は、直パイと低速バランス系に力を入れます。
ボックス千鳥とレムニーがちょっと苦手ですからね・・・

|

« 第291回CRSライディングスクール Photo | トップページ | 第292回CRSライディングスクール Photo »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第292回CRSライディングスクール:

« 第291回CRSライディングスクール Photo | トップページ | 第292回CRSライディングスクール Photo »