« 2016.3淡路島ツーリング | トップページ | GWのツーリング先は 其の二 »

2016年4月 7日 (木)

第280回CRSライディングスクール

 先日は微妙な天気の中スクールへ参加させて頂きました

この日は走行ラインの確認と見直しをさせて頂きました。

先ずは一本橋、着座28秒、スタンディング28秒
最近自分のパターンが分かるようになってきて、大概は真ん中より手前辺りで一度バランスを崩します。ここでのバランス修正が上手くいくと30秒台、手間取ると20秒台か脱輪です。
修正は最小限の動きで小まめにとれればもう少しタイムが伸びるかな

スラロームコースでは先ず自分の走行ラインを確かめます。
そして何処のパイロンに接触するのか、車体の何処が接触するのか、バンクセンサーを何処で擦っているのかなどを確かめていきます。

結果、オフセットした場所でミラーが接触していました。バンクセンサーはUターン後のコーナリングでよく擦っていました。

パイロンに接触したりバンクセンサーを擦る状況になるには、まず進入するための準備が出来ていないという事です。
何故準備が出来ていないかというと、更にその手前での事前準備が出来ていないからという事です
パイロンへ大きく進入するには、その手前で大きく進入できるライン取りをしないといけないという事、大きく進入できるライン取りをするには更に手前で大きく進入できるライン取りをするための体勢を取らなければいけないという事です。
走行中に邪魔だなぁと思う場所に立っているパイロンも準備さえしっかり出来ていれば難なく回避できるようになります、とのことでした

実際にそれらを意識してみると、今まで窮屈だったライン取りに少し余裕が出来、アクセルを開けるタイミングも少し早くなったようです。

アクセルワークやブレーキングの技術向上も大事ですが、コースに応じたラインの先読みもまた大事な要素ですね

今月末は年二回開催される合宿です
一つの事に集中して練習できる良い機会ですので試したい事をしっかり練習したいと思います

|

« 2016.3淡路島ツーリング | トップページ | GWのツーリング先は 其の二 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第280回CRSライディングスクール:

« 2016.3淡路島ツーリング | トップページ | GWのツーリング先は 其の二 »