« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月 6日 (金)

只今療養中 其の三

 相変わらずバイクに乗れない寂しい日々を過ごしています

先月の末頃から急に熱が出始めたので風邪かなと思っておりましたが、大きく息を吸うと右の脇下辺りが痛み出したので右の肋骨を押してみるとかなりの痛みがありました

おそらく疲労が重なって軟骨辺りにひびが入っているのかもしれませんね

病院に行っても湿布と痛み止めぐらいしかもらえず、安静にしていなさいと言われるのがオチなんで行ってません

現在は装具をしているおかげで、松葉杖1本で歩けていますが、右に挟むことが出来ず、左に挟んでヨタヨタ歩いてます

もちろん筋トレはお休み中です

このままでは本当にア○パンマンみたいになっちゃいそう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

気になるバイク

65653_m
 YAMAHA MT-09 TRACER 846cc 110PS 9.0Kgf・m

FZ1 FAZERのようにマルチに使えて気に入ったデザインのバイクが無い中で唯一気になったのがコレ

MT-09にはさほど興味が無かったのですが、TRACERには興味深々

FZ-1と比べて15Kg軽く、ホイルベースも20mm短く、キャスター角も1度小さく、曲がりやすくて扱いやすそうな感じ

更に3段階に調節可能なスクリーン、12V.DCの電源取出し口、パニアケースホルダー、グラブレール、荷掛けフックにメットホルダー、ツーリングにも対応できる装備

燃費も定地燃費で27.0Km/L(60Km/h)
WMTCモードでも19.3Km/L(クラス3、 サブクラス3-2)

通勤、練習、ツーリングのどれにでも使えそうなマルチなバイクのようです
ただ、ワタクシにはABSもTCSもいらないんですが

FZ1の整備をしてもらっているバイク屋さんに試乗車があるそうなんですが、足がこんな状態でなければ試乗に行くんですがね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

気になるバイク 其の二

 以前から気になっておりましたMT-09TRACERのカタログが届きました

Img_20150218_200825_2
Img_20150218_200856_2

気になっていたのはサイドケースとトップケースなんですね

サイドケースは約22Lで最大積載量5Kgが左右、トップケースは39Lで最大積載量3㎏と50Lで最大積載量5Kgの設定があり、積載性は十分にありロングツーリングも楽です

そして、一番気になっていたのがエンジンガードなんです
国内の純正アクセサリーではサイドスライダーのみの設定でした
色々検索してみましたが、今のところ国内ではゴールドメダルとSSBでMT-09用のガードはあるみたいでTRACERへの取り付けが可能かな!?というところ
海外ではSW-MOTECHとヘプコ&ベッカーがヒットしましたがヘプコ&ベッカーはTRACERへの取り付けが微妙ですね
特にラジエータ辺りで干渉しそうな感じです。

しかし、ワタクシにはスタイリッシュなエンジンガードより頑丈なサイドバンパーが必要な気がします
やはりSSBか・・・

・・・って妄想してます





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

久々のご対面

 先日、二ヶ月ぶりに愛車を見に行きました

Img_20150222_105307

講習会の方がしっかり保管して下さっており、綺麗な状態でした

取りあえずバイクの損傷度をチェック

Img_20150222_105315
衝撃でシールドのビスが全て折れてシールドがとれてしまいましたが、シールドにはあまり傷はついていませんでした

Img_20150222_105328
カウルは右上が欠けてしまい、右全体が内側へ押された状態です
カウルは予備と交換して、ステーはもう一度再生してみますか

Img_20150222_105346
フットブレーキペダルは歪んではいましたが、まだ再生可能です

Img_20150222_124203
マフラーカバーは一度外してバフ掛けして黒に塗り直せば何とかなるかな

Img_20150222_114423
生々しい横滑りの痕・・・

ハンドルも見た目歪みはありませんでしたが、フォークがずれている可能性があるので、走ってみないと何とも言えないです

しかし、思っていたより損傷が少なく、シールドのビスだけ交換すれば後は予備パーツと補修で何とか直せそうです

バイクの修理代より人間の修理代の方が高くつきそうですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »