« 第107回淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 2014年度CRS春季合宿 Photo »

2014年5月24日 (土)

第44回兵庫県二輪車安全運転競技会

Img_20140524_142804
 今までの練習の成果を試すべく参加を続ける安全運転大会も今年で5回目となりました。

毎年課題を残しては翌年に持ち越しておりますが、練習の成果もかなり出ていたので上位入賞出来るのではと期待をしておりましたが・・・

Img_20140524_161732
9位という結果には正直自分の不甲斐なさを痛感しています

去年とは比べ物にならないほど減点が減っています

しかし、今まで減点されていなかった部分が減点された事により順位が大きく後退、満を持して臨んだだけに結果としては上出来だと思っていますが、このチャンスをものに出来なかった事が悔やまれます

減点の理由に心当たりはあります。・・・おそらく間違いないと思います。

二つの迷いがしっかり減点として反映されていました。

『迷いはミスを生む』というよい経験となりました

これを肥やしに来年は更に上位を目指すべくひたすら精進ですね

取りあえずはお疲れ様でした

|

« 第107回淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 2014年度CRS春季合宿 Photo »

二輪車安全運転大会」カテゴリの記事

コメント

KISHIMOです。

>>まぁ肝心要な事は語っていないようですが、
>>ポジティブな考え方で問題解決という事でしょうか

さずがGonzaさん、鋭くポイントを理解されましたね。

私はソリューション・フォーカスを他の人に説明
する時に「根拠のあるポジティブ・シンキング」
と言うことが多いです。

ただし、ポジティブ・シンキングと言っても
「できていないこと」を無理やりに「できる」と
思いこむのではなく、「できていること」や
「一度でもできたこと」を「もう一度やってみる」
ということなので、メンタル的に無理がないのです。

例として、練習ではできているのに、本番では
できない、という場合は、「本番で何故できない
のか」を考えるのではなく、「練習ではなぜ
うまくできるのか」と考えるのです。
(結果的には、できてない理由がわかって
 来るのですが、そこまでのプロセスが
 異なります。)

>>成功と失敗は表裏一体、天秤にかけた場合成功に
>>重きを置けばそちらに傾くということかな

正にそういうことです。成功していることを伸ばす
ことによって、失敗していることもうまくいく
ようになる、ということです。

もう少し詳しくご説明したいのですが、コメントで
これ以上の長文を書くのも申し訳ないので、この
コメントの非表示情報に記載している私のPCの
メルアドにメールをいただけませんでしょうか?

分かり易く「ソリューション・フォーカス」について
まとめた資料もありますので、お渡ししたいです。

投稿: KISHIMO | 2014年5月26日 (月) 23時05分

>KISHIMOさん

お久しぶりです

ソリューションフォーカス、出来た事に焦点をあてる
今まで考えた事もありませんね
出来るんだから出来ない事を分析しないと解決しないと思ってました
しかしそれについて否定はされてませんでしたが、出来ない事への過度な分析はよろしく無いような事をおっしゃってますね
まぁ肝心要な事は語っていないようですが、ポジティブな考え方で問題解決という事でしょうか

成功と失敗は表裏一体、天秤にかけた場合成功に重きを置けばそちらに傾くということかな

今回の大会についてこの考え方でどう解決できるのか試してみます。

有難うございます

投稿: Gonza | 2014年5月26日 (月) 19時59分

お久しぶりです。KISHIMOです。

Gonzaさん的には悔しいとは思いますが、
9位といっても、上位に満点の人が6人も
いるので、実質的には4位という感じですし、
それと、1000点満点で990点というのも、
普通に考えると、すごいことです。

ここまでくると、上位との差は紙一重ですから、
考え方を変えるのも効果があるかも知れません。

「ソリューション・フォーカス」という
カウンセリング方法があるのですが、これは
自分の考え方を変えるのにも使えます。
(実際、自分の仕事上でも使っています。)

・出来ていないところを見るよりも、
 出来ているところを見る

・出来ていないところが、何故てきていないか
 を考えるより、出来ているところが何故出来て
 いるか(うまく言っているかを考える)

簡単には、下記のHPをご覧下さい。

「(株)ソリューション・フォーカス」
http://www.solutionfocus.jp/history.html

もし、興味がおありでしたら、メールでも
ご説明することが出来ます。
(決して怪しい勧誘ではありません。笑)

投稿: KISHIMO | 2014年5月25日 (日) 09時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第44回兵庫県二輪車安全運転競技会:

« 第107回淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 2014年度CRS春季合宿 Photo »