« ステップ交換 | トップページ | 取りあえず修理 »

2013年7月15日 (月)

第244回CRSライディングスクール

 天気予報では曇り一時雨という予報でしたが、スクールの最中は雨が降らずまた曇り空だったので幾分かはマシ?な天気でした

先月に続いて今回も遅乗りセクションで低速での倒し込みとブロックスネークに重点的を置きました。

遅乗りセクションでの八の字ではリーンウィズ、リーンインを交互に練習、低速での倒し込みもリーンウィズ、リーンインを交互に練習し、フォームと荷重のかけ方の違いをしっかり確認しました。またブロックスネークでは着座、スタンディングをそれぞれ連続3回以上成功させることを目標にしました。

低速での倒し込みですが、少し変化があったようで『もうあと一(ひと)寝かし』とのお言葉を頂きました。先月は二寝かしだったんですけどね
まだ倒し込みが出来るようです
ゆっくり慣れていきましょう

ブロックスネークですが、かなり高い確率で成功します
今では着座よりスタンディングの方が楽です
苦手意識があっただけにかなりの進歩ですよ
やはり『慣れ』ですね
それと坂道をスタンディングで且つ低速で下っていく練習が役立ってます

今回の練習でバイクの限界を体験しました。
高速セクションで加速をしてからその勢いでコーナーを回る場所があるのですが、いつもダラダラ旋回しているような感じがあったので、少しアクセルを開けてみると、いとも簡単にフロントから滑ってしまいました
こんな事は初めてで何が起こったのか全く分かりませんでした

証言1 コースの端にアスファルトの切れ目があるけどそこで滑ったんと違う!?

証言2 Gonzaさんよくステップ擦ってるから急に限界がきたんかな!?

証言3 Gonzaさんはバイク倒し過ぎそんな状態でアクセル開けたら簡単に逝ってまうで

先日バンクセンサーが外れてステップごと交換してるのに気付くべきでした

今のワタクシの乗り方ではもはや限界だという事を身を持って感じました
これからは何事においても一工夫が必要なようです
それがライン取りだったりブレーキングだったりフォームだったり…

バイクの損傷を見たとき心が折れそうになりました
しかしこれでもう同じ轍は踏まないでしょう
痛い目を見ると本能的にそれを回避しようとするので、これを上手い事練習に生かせれば今以上になれる可能性がありそうです
その可能性を信じてまたひたすら練習ですね


|

« ステップ交換 | トップページ | 取りあえず修理 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。