« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月 5日 (日)

静岡、伊勢ツーリング 1日目 静岡編

 5/3~4の1泊2日で静岡と伊勢を周ってきました

2013534b_002
今回も空翔る龍ことFZ1FAZERと但馬牛のX4です

午前7時中国道西宮名塩SAを出発しますが、名神高速に入ってすぐに渋滞が始まりここでかなりの時間ロス

新名神高速へ入ってから少しマシになり、東名阪道から伊勢湾岸道の刈谷SAへ向かいますが、やはりここでも渋滞に遭遇

2013534b_004
いい天気だったのでバイクツーリングの方もたくさんいらっしゃいました

早々に休憩&給油をして出発します 
この時点で予定より1時間以上の遅れです

東名高速へ入ってからも渋滞は酷くなるばかりで完全に止まってしまう事もしばしば

仕方がないので音羽蒲郡ICで高速を降り、国道1号線 → 県道5号線 → 国道362号線で浜名湖へ向かいます。

今回、いろんな状況に合わせてうなぎ屋さんを複数チェックしてたので今回は一番近くの『うなぎ 千草』へ寄りました。

2013534b_013
うな重 特上 + ご飯大盛り = ¥3,350也

2013534b_015
実は、うなぎがご飯の間にもう一段入った二段になっておりました

油っこそうに見えますが食べてみるとそうでもなく、タレも濃すぎず美味しかったです

お腹を満たした後は浜名湖レイクサイドウェイを回り、うなぎパイ工場へ向かいます

2013534b_021

2013534b_022

2013534b_022_3
短い距離ですがなかなか景色のいいところで、気持ちよく走れました

2013534b_029
夜のお菓子で有名なうなぎパイ工場を見学します

2013534b_027

2013534b_032

2013534b_032_2
無料だけあってたくさんの方が見学に来てました

2013534b_036
焼いてます

2013534b_038
塗ってます

2013534b_039
出来たパイは…

2013534b_050
ここで包装されてます

2013534b_045
まぁ、こんな感じです

勿論お土産には、夜のお菓子うなぎパイと真夜中のお菓子うなぎパイV.S.O.Pブランデーパイを買いました

そして浜松城へ向かいます

2013534b_052
代々このお城の城主を務めてきた方が幕府の要職に就いている事もあり、出世城とも呼ばれているそうです。

2013534b_058
模擬天守の中は…

2013534b_066
当時の品が展示された博物館になってます

2013534b_067


2013534b_072


2013534b_073


2013534b_090


2013534b_094


2013534b_099


2013534b_101
わが家系も昔は武士だったそうです

ご先祖様にそっくり

子孫は鉄馬に乗って駆け回ってますよ

見学が終わった頃には日が傾きかけてましたので、掛川城はスルーします

そして浜松ICから東名高速で掛川ICまで、掛川城のそばを通って倉真温泉へ向かいます

2013534b_106

今回は 倉真温泉 落合荘 で一泊します

温泉は単純硫黄泉、リューマチ、神経痛、糖尿病、皮膚病、婦人病、胃腸病、創傷、慢性金属中毒症、運動器障害、慢性湿疹などに効くそうです

ちょっとぬるめですが、その分ゆっくり浸かれて旅の疲れを癒しました

2013534b_102
夕食は部屋出しの会席料理でゆっくり美味しく食べることが出来ました

この日は高速道路の渋滞で1時間30分遅れとなり、結構バタバタした一日でした
余裕を持ったプランだったんですけどねぇ

走行距離 412Km

二日目に続く

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

静岡、伊勢ツーリング 2日目 伊勢編

 2日目は早めに伊勢神宮へ向かうため、朝6時起床です

2013534b_104
この日はまともにお昼御飯が食べられないと予想していたので、朝食をしっかり食べておきました

8時に宿を出発、知多半島最西端の伊勢湾フェリー乗り場へ向かいます

2013534b_111
途中、掛川城の近くを通ります。

掛川ICから東名高速で浜松西ICへ、県道65号線で浜名BPへ向かいます。

実は浜名BPの動画を撮ろうと思ってましたが、上手いことスイッチが入っていなくて撮れてませんでした

海岸線を走る道は気持ち良かったです

それ以外の知多半島最西端までの国道42号線からはほとんど海が見えず、坦々とした田舎道でした

2013534b_116
10時半頃伊勢湾フェリー乗り場に到着します

ここまではほぼ時間通りです

2013534b_128
さよなら知多半島(_´Д`)ノ~~

2013534b_136

2013534b_191
すっごく大きな船が停泊してました

55分の船旅を終えていよいよ伊勢志摩スカイラインへ

今度はしっかりスイッチを入れて動画を撮ってましたが、朝熊山頂展望台へ着いてから気付きましたが、カメラのレンズ保護カバーを取り忘れて動画が真っ暗で、風切音だけがしっかり録音されてました

 

2013534b_200

2013534b_207_2


2013534b_218
展望台からの眺めはなかなか良かったです


唯一撮れていた動画です

時間もそこそこに伊勢神宮へ向かいます

伊勢志摩スカイラインを下りてから、まずは伊勢神宮外宮へ向かいます。

駐車場前は車の入場規制で物凄い車列です

取り合えず並びますが、ほとんど動きません。

先の方に『タクシー、二輪車以外の自動車進入禁止』って書かれた看板を発見

隣の車線からお先に入らせて頂きました

2013534b_219
ここは比較的人が少ないようです

2013534b_231_2

2013534b_236

2013534b_244
さすがに大神宮前は参拝客でいっぱいでした

2013534b_253
大神宮から少し離れた場所にパワースポット?がありました
手をかざしてパワーを受け取っているようです

2013534b_262
鈍感なワタクシには何も感じられません
ただ、三つの石の真ん中から湧き出るような感じで砂埃?のようなものが見えたのはワタクシだけでしょうか

2013534b_266

2013534b_271
外宮参拝も程々に、メインの内宮へ向かいます

ここもまた入場規制でタクシー、バス以外は入れませんでしたが、バイクはすんなり入れました

2013534b_278
さすがに内宮は物凄い混み具合です

2013534b_294


2013534b_301
大神宮前は参拝者でごった返しです
写真左奥に大神宮への階段があります

2013534b_302
大神宮前の階段まで進むのに1時間以上掛かりました

2013534b_305
ようやくお参りが出来ました
本当に日本人の我慢強さには驚かされます

2013534_317
大神宮から離れたところにパワースポットがありました

2013534b_324
ここでは何も見えませんでした
やっぱり目の錯覚かな
そしておかげ横丁へ

2013534b_334
ここも混んでます

2013534b_342
お昼ご飯をまだ食べてなかったので適当にお店を探しますが、何処も『本日終了』とか列が出来てたりでなかなか入れませんでした
取り合えず空いているお店で腹ごしらえ

2013534b_345
タコ天です。

2013534b_346
チーズ天です。

2013534b_348
横丁そばです

かなりお腹が空いてたんで凄く美味しかったです

2013534b_368
やっぱりお伊勢参りにはこれを買って帰らないとね

2013534b_380
陽が傾き始めました

2013534b_382
午後6時前だというのにまだこの人盛り

そして帰路へ

伊勢西ICから伊勢道 → 新名神高速 → 名神高速 → 中国道へ

途中、ところどころ渋滞がありましたが概ねスムーズでした

2013534b_385
21時30分頃、中国道西宮名塩SAに到着です

大変お疲れ様でした

2013534b_387
22時50分頃に無事帰着です

今回は予想以上の高速道路での渋滞に四苦八苦させられました
掛川城へ寄れなかったのが残念ですが、またリベンジしてみたいですね

お土産は相変わらずカレーです
カレー(加齢× 華麗○)の王子様ですからね

さて次は盆休みです

長崎辺りがいいかななんて思ってますけど

走行距離 834Km

燃費  18.98Km/L 渋滞が無ければもう少し燃費が良かったかも

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

兵庫県二輪車安全運転競技会

T227_p1s


昨日、兵庫県二輪車安全運転競技会へ参加申し込みをしました

不安要素はありますが全力で頑張ります

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

第241回CRS春季合宿 Photo

 先月参加しました春季合宿の写真が届きました

Image0034
ブレーキングはまだ上達の過程です

Image0031
まだまだ上達しそうです

Image0029
スピードがあるとここまで倒し込みが出来るのに…

Image0030
低速ではまだまだです

Image0033


Image0032
広々としたコースで思いっきり練習できました

低速での倒し込み、必ず修得します

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

第96回淡路安全運転二輪講習会

 今日は二輪大会への最後の練習に参加しました。

週間天気予報通りのちでした

苦手な千鳥走行を克服するための最後の練習だったのに…

コーナリング、急制動、オフセットスラローム、ブロックスネーク、あと一本橋も問題はないと思います

法規走行は練習に参加されてた方々からアドバイスを頂きました。これをしっかり意識できれば問題ありません

問題はやはり千鳥走行でした

バイクを倒し込む勇気が足りませんでした

ならばライン取りで…って考えましたが、ライン取りも限界です

倒し込むポイントは抑えてます。

後は転倒への恐怖心との戦いですね

この際パイロンタッチは覚悟の上で頑張ってみますか

それとメンタル面が非常に弱いのですが、これはどうしようもありませんね

場数を踏んで雰囲気に慣れないとね

大会までジタバタしても仕方がないので、後は野となれ山となれですね

大会を楽しもう

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

My motorcycle history

 バイクの免許を取って間もなく買ったバイクです

Bikehistory_1
HONDA VT250Z 

V型2気筒 250cc 1997~1998年

車重も軽く扱いやすいバイクでした

当時はまだ十代でバイクに乗れるだけで嬉しく、正直どんなバイクでもよかったです

Bikehistory_2
KAWASAKI VULCAN400Classic

V型2気筒 400cc 1998~1998年(3ヶ月)

当時のアメリカンバイクブームにのって新車で買いましたが、車重の割にトルクが薄く、走らん、曲がらん、止まらん、その上当時は音もバイクのファッションの一部と考えており、ドラッグマフラーに交換していたので物凄い音がしてました
バイクの性能より外観を重視して買ったので3ヶ月程で乗り換えた一番期間が短いバイクでした

Bikehistory_3
YAMAHA V-MAX(逆輸入車)

V型4気筒 1200cc 1998~2003年

大型二輪免許が地元の教習所で取得できるようになった年に速攻で取りましたが、教習車のCB750の分厚いトルクに惚れてしまい、VULCAN400Classicに乗れなくなってしまいました

リッターバイクが欲しいってことで色々と雑誌を読んだりバイク屋さんへ熱心に通うほどでしたが、『このバイクは重いうえに、馬力があり過ぎて扱いきれんで売ってしまう人が多い』という会社の先輩の一言で決めました。

バイクに興味がない人をも威圧するデザインと存在感、知る人ぞ知るその性能、Vブーストがきいた時の怒涛の加速、直進安定性のよさはドラッグ系アメリカン的な感じで、デザインと性能にべた惚れしたバイクでした

Bikehistory_4
HONDA VTR1000F

V型2気筒 1000cc 2006~2007年

V-MAXで単独事故を起こしてしまい、精神的な後遺症でバイクに乗れなくなってしまいました
それから3年後、またバイクに乗りたいとういう願望が大きくなり、リハビリの意味も込めて手軽な中古バイクを探していた時に見つけたのがこのバイク

ホンダ特有の扱い易さでリハビリにはもってこいのバイクでした

ただ、素直過ぎて飽きが早かったです

Bikehistory_5
YAMAHA MT-01(逆輸入車)

V型2気筒 1680cc 2007~2011年

雑誌で見て以来その容姿に惚れてしまいました
時を同じくして極上の中古車(ほぼ新古車)がみつかり、勤続10年目の自分へのご褒美として買いました

V-MAXと同様の存在感、重量車とは思わせない高トルクと操作性、V型エンジン独特の音、『鼓動』がコンセプトなだけあって音も振動も心地よかったです

しかし、買ったもののなかなか思うように扱えず、このころからライディングテクニックを模索するようになりました。
10年来の付き合いのあった赤男爵での裏切り行為で自分でバイクの整備を始めたのもこの頃からです

今まで乗ってきた中で一番高価で走行距離も最長のバイクでしたが、ライディングスクールなどに参加するようになってからは転倒で傷まみれ、転倒回数や修理費が一番最高のバイクでもありました

Bikehistory_6
YAMAHA FZ-1 FAZER(逆輸入車)

直列4気筒 1000cc 2011~現在

練習中の転倒でフレーム交換を余儀なくされたMT-01の後継車です。

今のバイクライフに合わせて買った新車です

今までV型エンジン搭載車を乗り継いできたので、初のマルチエンジン搭載車になります。

エンジンの吹け上りがマイルドでノッキングしにくく、とても扱いやすいエンジンです。

ツーリングや練習、通勤にも使えるマルチなバイクでとても重宝しています

トップケースとパニアケースが付けれるのでロングツーリングでの荷物も楽に積み込めますし、ハーフカウルの防風性向上で体力消耗も軽減してくれます。
車体が小柄な分車重が軽く、足つきも良いので多少の立ちゴケは踏ん張りで回避できます




二輪免許を取得してから17年、やっと本当のバイクの楽しさが分かり、年々充実度は上がっています。
これからも楽しく安全に乗り続けていきたいです

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »