« 再発 坐骨神経痛 | トップページ | 久々に・・・ »

2012年10月21日 (日)

第89回淡路安全運転二輪講習会

121021_161846

 朝晩本当に涼しくなりました

出発前まで夏仕様のジャケットとパンツでしたが、今朝は涼しいを通り越して寒かったので冬仕様に・・・

もちろんインナーもヒートテックと半袖のシャツです

淡路島までの道のりはすごく快適でした(TKF大祭りで混んでいた以外は・・・)

今日は腰痛をかばいながらの練習になりそうだったので、ライン取りの見直しと、一本橋でのスタンディングの練習をすることに重点をおきましたが・・・

午前中はひたすら慣熟コースと一本橋を練習、慣熟コースでは直パイでのライン取りとアクセルを開けるタイミングを模索しておりました。

パイロン間の真ん中より手前をフロントタイヤが通るラインが理想ですが、アクセル操作が加わるとなかなか理想の場所にフロントタイヤが通らなんですね

本当に繊細なアクセルワークが必要です。

あとタイミングです。傾けたバイクを起こして次の動作に持っていくためのアクセルワーク、どのタイミングで開けるかはその時の状況にもよりますが、まれに通常より少し長くアクセルを開けられるラインを通ることがあります。

長いと言っても本当にわずかな時間ですけどね。見た目では分からないと思います。

そんな一瞬を感じることが出来るようになったのは、やっぱり練習の積み重ねの賜物なんでしょうね

あと、慣熟コースにオフセットスラロームがありますが、これはワタクシが苦手なブレーキングの練習にはもってこいの場所です

先月の合宿での感覚を思い出しながらブレーキのタイミングを模索します。

上手くブレーキングできると、ハンドルがフルロックするんですね

奥までしっかりブレーキングが出来てるんだろうか

表現が悪いかもしれませんが、フロントタイヤを地面に押し付ける、そんな感覚ですかね

それと、旋回前にしっかっり曲がれる態勢をつくっておくと、あまり恐怖心を感じられなくなるようです

これを突破口に、ブレーキングの苦手意識を払拭したいです



今回、冬用の革パンとヒートテックのおかげで地獄のような練習になってしまいました

革パンにもベンチレーションが欲しいと思いましたからね

さすがに前のベンチレーションを開けっ放しにしておくわけにはいきませんから

腰の痛みもさほど感じずに練習できたので良かったです

次回は12月に参加予定ですが、いよいよ検定ですね

またこの一年間の練習の成果を試せます

楽しみですね ・・・っていうか、検定を実施するんだろうか

|

« 再発 坐骨神経痛 | トップページ | 久々に・・・ »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。