« 第58回淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 消耗品 »

2010年1月19日 (火)

第58回淡路安全運転二輪講習会 2

201001171127000
 はいっ、続きです。
直パイの走り方について少しばかり常連さんに聞いてみると、『ワシの走りは一見深いところまでバンクして派手やけど本当のところは遅いんや』と言われます。ワタクシが見る限りでは常連さんだけあってスムーズで速いです。『ホンマに速い人はあんまりバンクせずにパイロンを蛇が縫うように走ってくんや!』って言われました。一体どんな走り方なんでしょうね?ここ最近直パイを重点的に意識してますが、自分が納得できる走りを見つける事がまだできません。・・・かと言って自分が納得できる走りってどんな走りなん?って聞かれるとよく分かりません(-_-)・・・ 不思議ですね(゚ー゚; まぁゆっくり考える事にしましょう!
今回もお昼一番の一本橋は脱落です。不調の原因を色々考えてみましたが、頭の悪いワタクシは体で覚えることしかできません。ライディングフォーム、着座位置、目線、アクセルの開け方、リヤブレーキの使い方などを変えながら何回も挑戦してみると、目線の位置を変えただけで大きく変わりました。目線を遠くに持っていくと19秒、フロントタイヤの少し前に持ってくると23~24秒です。目線一つでハンドルも小刻みに切りやすく、クラッチレバーとリヤブレーキに神経を集中する事ができ、計測は出来ませんでしたが25秒は超えてるように思われます。一つコツを掴んだように思いますね(^O^)b もっともっと練習してたくさんコツを見つけて記録を延ばしましょう!

・・・っていうことで楽しい時間はすぐに過ぎていきます。今回、指導員の方に大変嬉しいお言葉を頂いたのですが、最後に『もう、どない?』っていう一言の意味がよく分からず苦笑いをして誤魔化してしまいました。凄く気になるのですが次回聞いてみる事にしましょう。

|

« 第58回淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 消耗品 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。