« 12月度CRSライディングスクール 3 | トップページ | 第57回淡路安全運転二輪講習会 »

2009年12月19日 (土)

12月度CRSライディングスクール 4

Crs2091213
 午後は教習所内をフルに使ってのコースです。まず指導員の方から『直パイではアクセルを戻した後はすぐに少し開けた状態にして下さい』との事です。すごくシビアな注文ですね( ゚д゚)ポカーン バイクを倒し込む時はアクセルを全閉にして、立ち上げるところでアクセルを開きますが、それではバンクしているときにアクセルを開けることになり、スピードが上がってくると切り返しが大きくなって危険だそうです。そこでアクセルを少し開けた方がバンクからの立ち上がりが早くなってアクセルを開けた時にはバイクが起き上がっている状態をつくるんだそうです。ほんの数メートルの中での操作を連続していく・・・ レベルが高すぎます(;´Д`A ``` 別の指導員の方は『アクセルを全閉にしない方法もある』とお聞きしました。どれくらい開けるかはひたすら練習して見つけていかないといけなさそうです(;;;´Д`)ゝ 
続いて千鳥パイロンですが、ここでは直パイを意識していくとスムーズに抜けれるそうです。
Crss
またS字内ではしっかりライン取りをすれば赤ラインの3ヶ所で加速が出来ます。クランクのような走行ラインになりますが、逆にクランクではS字型の走行ラインが良いそうです(^^)b 

今回も色々と教えて頂きましたが、特に気になった事を書いてみました。取りあえずこれらを次回のスクールまで忘れないようにしないとね(^o^)b 来年も頑張ります!!

|

« 12月度CRSライディングスクール 3 | トップページ | 第57回淡路安全運転二輪講習会 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。