« CRS秋季合宿 初日低速編 参 | トップページ | CRS秋季合宿 初日懇親会編 »

2009年9月30日 (水)

CRS秋季合宿 初日高速編

090920crs1_2
 はいっ、高速編です。初日は一日中低速コースと高速コースを交互に走ってました。午前の高速コースの千鳥パイロンの部分がストレートパイロンだったように思います。午後は千鳥パイロンだったんですけど・・・ 記憶が曖昧になってきました(・_・)エッ....?
まず千鳥パイロンですが、数回コースを周回したところで指導員のNABE様より『パイロンへの進入は大きく入って小さく抜けて下さい。ほとんどの方が出来てませんよ』とのご指導に続き、実際に進入の見本を見せて頂きました。
Crs_3 
パイロンへの進入の仕方次第で加速区間とコーナー手前での進入速度が大きく変わってきます。大きく進入小さく出る、加速、減速、旋回のメリハリをつけることが重要です。もう何回も言われてきたことですが、なかなか出来てないのが現状です。もっと考えて走らないと・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
続いてコーナリングですが、コースなりに小、中、大とあります。リーンインで微妙なアクセルのオンオフで旋回していきます。コーナーが大きくなるほどスピードも上がってきます。一番大きなコーナリングでは1速で5000回転以上まで上がります。(MT-01のレッドゾーンは5500~7000回転) エンジンがうなりまくりですw(゚o゚)w 
パイロンスラロームは千鳥パイロンと同じ要領です。数回コースを走ったところで指導員の方がワタクシの後ろについて走って下さいました。『バイクを倒しすぎ!』って注意を受けてしまいました(T_T)・・・ 速度域が上がってくるとセルフステアにもリーンインにも限界がありますが、どうすれば高速域でバイクをあまり倒さずに曲がれるんでしょうか? これも聞いときゃよかったなぁ・・・ しばらくして別の指導員の方が『ええ加速するなぁ コーナーの立ち上がりではついていけへんわ』って・・・バイクを褒めてくださいました(T_T)v 確かにトルクが凄いんでコーナーでの立ち上がりでは追従をゆるしません。よくよく考えてみると大した技量もないワタクシが皆さんについていけるのはやっぱりバイクの性能のおかげなんでしょうね・・・ バイクの性能に頼らないライディングが出来るように日々精進ですね<(`^´)>

っていうことで初日からハードでした。さすが合宿です。普段練習できないコースを思う存分楽しめたと思います。
夜はお楽しみの懇親会です(゚▽゚*) これも合宿でしかできませんね(*゚▽゚)ノ

続く・・・

|

« CRS秋季合宿 初日低速編 参 | トップページ | CRS秋季合宿 初日懇親会編 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

>スマイルサイン
スゴク楽しかったですよ
自分のバイクの性能を更に引き出せるようになりますよ

投稿: Gonza | 2009年10月 1日 (木) 00時39分

う~ん、楽しそう!ヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: スマイルサイン | 2009年9月30日 (水) 23時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« CRS秋季合宿 初日低速編 参 | トップページ | CRS秋季合宿 初日懇親会編 »