« CRSライディングスクール0809 午前編Ⅱ | トップページ | 淡路二輪講習会090816 午前 »

2009年8月16日 (日)

CRSライディングスクール0809 午後編

Crs5312
 はいっ、午後からはいつも通りのコースです。前回はUターンが不調でした。両腕が伸びてセルフステアを阻害して曲がりにくくしてました。今回はそれを意識しながらコースを回ります。いつものコースなんで慣れてはきているものの、相変わらずUターンは小回りができません。更に曲がるときにステップを擦るようになって転倒するのでは・・・という恐怖感から苦手意識がではじめて困ってました(T_T) そこでUターンはリーンアウトで曲がることにしました。しかしこれをすると楽に旋回できますが、スピードをかなり落とさないとダメで、後ろの方にすぐ追いつかれてしまいます。更に悩んでいたところに指導員の方から『ステップが擦るのはそれがバイクの限界だと思ってください。だからリーンインで体重移動をして補ってください』『リーンインは顎がハンドルに当たるぐらいを意識してください』とのお言葉です。確かに指導員の方は皆リーンインでUターンもこなしてます。 早速試してみます。体を曲がる方向へ顎がハンドルに当たるぐらい乗り出して曲がってみます。これ以降ステップを擦ることがなくなりました。更に後ろの方に追いつかれることがなくなり、今度は前を走っている方に追いついてしまうほど走りが変わりました。Uターンもリーンインでスピーディーに小さく曲がれるようになり、苦手意識がなくなりました。指導員の方に先導して頂き、パイロンへの進入位置(大きく入って小さく出る)を教えて頂きました。これが上手くなると更に早く走れそうです(^^)v 

ってな具合で、午前は一つのご指導で二つのコースの苦手意識を克服でき、午後からは自分のバイクの限界を知ることができ、更に体重移動によってバイクの限界点を伸ばすことができ、雨で路面が滑りやすい中での練習はワタクシにとって大変有意義でした。これでまた一つ技量が上がったかな(o^-^o)

来月のCRSさんの合宿には是非参加して更なる技量アップを目指したいです。

|

« CRSライディングスクール0809 午前編Ⅱ | トップページ | 淡路二輪講習会090816 午前 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。