« CRSライディングスクール 第二回神戸校 2 | トップページ | スポーツキャリア »

2009年6月 5日 (金)

CRSライディングスクール 第二回神戸校3

Crs5312_2 
午後からはコースを大きく使っての練習です。
先に1・2班からコースにはります。まず直列パイロンです。今回は自分が走っている軌道をチェックしながら走ります。出来るだけパイロン間の真ん中をフロントタイヤが通るよう意識します。そしてテンポよくアクセルを開けて右に左に切り返していきます。う~ん・・・まずまずかな(;´▽`A`` 次はテンポアップ!・・・アクセルを開けるタイミングと時間がバラバラで上手い事いきません(T_T) ブレーキもリヤだけではスピードを落とす事が出来なくなり、テンポダウン・・・ フロントのブレーキを使えば良いのですが、今回は軌道のチェックなんで、フロントブレーキは次回より使います。・・・でワタクシ上手い事走れてるんでしょうか?何かアドバイスが欲しいところですね。
そして千鳥パイロンからクランクへ入りますが、ここではS字に近い走り方でなめらかに且つ素早く抜けていくのがコツだそうです。もちろんワタクシにできるわけもなく、ひたすら自分の軌道を意識しながら練習するのみです。
次に連続Uターンを抜け、S字に入ります。ここでは出来るだけ直線で走れるライン取りが大事だそです。後はひたすらUターンです。このコースのおかげでかなりUターンが上手くなりました。ここでも大事なのは目線です。曲がる方向に大きく首を曲げて見る事が大切なのです(^.^)b
ってなことで、もくもくと練習をして、3・4班と交代します。しばらく休憩ですが、指導員の方が『空いてるコースで練習してもらっても結構です』て言われるんで、八の字を練習します。ゆっくり走りながら大きく入って小さく出るを意識しながらひたすらグルグル回ります。ここで指導員の方が『もっとハンドルを切って曲がって下さい』との指示が・・・ ワタクシなりにいっぱい切ってるつもりですが全然ダメだそうです。なかなか上手いこといかないワタクシを見かねて、指導員の方が1班のベテランの方の走りをよく見てくださいって言いながら見本を見せてくれました。その方のバンク角はすごく深くて、クルリンって回ってるんですね(lll゚Д゚)スゲー ここで気がついたのは、リーンアウトで曲がってることなんです。バイクはこれでもかって程にバンクしてるのに、乗ってる本人の頭の位置は常に変わってないのです。早速試してみます。・・・お~・・・お~っ小回りが出来る!!(゚0゚) 『こういう事も覚えていって下さい』との指導員のお言葉に、つい『ありがとうございますっ!!!』って気合の入った返事が出ちゃいました(`^´)> すごく嬉しかったですね(*^_^*)

・・・ということで、今回も楽しく練習させてもらいました。上達しているかは別として、もっともっといろんなテクニックを覚えていきたいですね(^o^)/
今月は無いんで、また来月を楽しみにしてます(^^)v 

|

« CRSライディングスクール 第二回神戸校 2 | トップページ | スポーツキャリア »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。