« 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 急制動編 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 »

2009年5月21日 (木)

淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 法規走行編 

090517_2
急制動についてのレクチャーを終え、コースに入ります。
まずは応用千鳥です。とりあえず一番外のパイロン間を通過します。楽勝です p(^.^) 次にその手前のパイロン間を通過します。V字バランスでバイクを傾けてこれも楽勝でクリアです。p(^.^) そして一番内側のパイロン間にチャレンジします。・・・これは難しいですΣ( ̄ロ ̄lll) バイクを低速でハンドルフルロック状態で更に倒し込まないと曲がり切れません。フルロック状態から素早く逆に切り替えしてそのままフルロック状態にもっていきます。しかし、ハンドルを切っての低速バランスはワタクシの得意とするところです。4、5回程トライするとコツがつかめてきてあっさりクリアです(^^)v 応用千鳥を抜けると、法規走行区間です。ここでは右折する為の手順を練習します。まず、キープレフト状態から方向指示器を点滅させ、後方の安全をを確認し素早く走行車線の右側へ寄ります。ここで気をつける事は、方向指示器は3~4回の点滅、または約3秒間点滅させて素早く右へ寄るという事と、センターラインから車体の一部が出てはならないという事です。センターラインから少しでも車体の一部(特にミラー)がはみ出すと逆走扱いだそうです。 そして減速をしながら交差点手前で左右を確認します。このときも確認する方向へしっかり顔を向ける事が大事だそうです。首を連続して左右に向けるのではなく、右、・、左と一呼吸置いた方がかっこよく見えるそうです。 ワタクシ、常日頃からバイクに乗っておりながらここまで意識して乗った事がないんで、とってもギクシャクしていて凄い挙動不審なバイクに見えてしまいそうです(T_T) 慣れるまで練習あるのみです(ToT)q 

またまた長くなっちゃいました・・・ つづく・・・

|

« 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 急制動編 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。