« 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 法規走行編  »

2009年5月19日 (火)

淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 急制動編

090517_2

 ハイッ 午前のコースです。コースに入る前に指導員の方から急制動についてのレクチャーです。『急ブレーキをかける時、まずフロントとリヤのどちらを先に掛けますか?』って尋ねられました。答えは、フロントが先、リヤが先、同時に掛けるの三択です。実はワタクシ以前にチラッと急制動について教えて頂いた事があったんで答えは知ってました。答えは、『リヤを先に掛ける』です。フロントを先に掛けると、フロントは沈み込みますが、逆にリヤは浮いてしまい、リヤに十分なトラクションを掛けることができず、フロントに偏ったブレーキングしかできません。しかし、リヤを先に掛けると、リヤが先に沈み込みその後にフロントが沈み込むので、リヤへのトラクションは大きく、更にその状態でフロントにもトラクションを掛けることができるんで効果は大です(^^)b あと、ハイレベルな技術で、出来るだけ荷重(体重)をリヤに掛けながらリヤがロックする寸でまでブレーキを踏みこみ、更にフロントは二段掛けでブレーキレバーを握り込むといった方法です。これが出来るようになれば、短い距離で止まれるようになるそうです。その練習の第一歩は、リヤタイヤをロックさせる事です。よほどの事が無い限り直進でのリヤのロックで転倒することは無いそうです。それに慣れてくると次はリヤがロックしたらロックを解除する事です。ブレーキは踏みっぱなしで、踏み込みを弱くする事です。これをひたすら練習して、リヤがロックする寸での踏み込む力を覚えます。後はフロントのブレーキングで二段掛けができればバッチリだそうです。
・・・といった事を約10分程で教わりました。とりあえずやってみないと分からないんで、早速練習開始です(^o^)q

ちょっと長くなっちゃいました・・・ 次回に続く(^.^)/~~~ 

|

« 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 09.5.17 法規走行編  »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。