« 第一回CRSライディングスクールinグリンピア三木 Vol.4 | トップページ | 第一回CRSライディングスクールinグリンピア三木 Vol.6 »

2009年3月17日 (火)

第一回CRSライディングスクールinグリンピア三木 Vol.5

Crs 続きです。 幅の狭い応用千鳥を抜けると、更に応用千鳥が・・・ しかしこのコース幅が広いんで楽にクリアできるんですが、ワタクシ最後まで勘違いしてました。ここは素早く抜けていくコースだったようです。ここで何故か前の方とやたらと差が開くんでおかしいなぁなんて思いながらも最後まで低速で抜けてました。どうもワタクシのせいで渋滞してたようです(ノ∀`) アチャー すみません<m(__)m>

 

Crs_4  ・・・でここを抜けるとパイロンスラロームです。どうもここのストレートパイロン、間隔が狭いようです。淡路の二輪講習会では楽にクリアできたのに、ここではスムーズにいきません(T_T) なんとかリヤブレーキとアクセルワークだけでクリアしたいんでクラッチは使いません。しかしいつエンストしてもおかしくないくらい低速ですι(´Д`υ)アセアセ いつも以上に素早く倒し込んで切り返すっていうのがなかなかできません(T_T) 何回も失速しそうになりコースアウトすることもしばしばです(T_T) その度にこのバイクのトルクの太さに助けられました。本当にMT-01の性能に感謝します<m(__)m> 休憩時間にワタクシのライディングを見ていてくれた上級クラスの方から少しアドバイスを頂きました。『ストレートパイロンが曲がりにくいのは、リヤタイヤが曲がりたい方向へ向いていないからでは?』『まだバイクが倒し込めてないのでは?』とのことでした。そういえばライテク本にもそんなことが書いてあったなぁ、なんて思いながら真剣にアドバイスを聞きます。休憩後はとりあえず倒し込むことを意識しながら挑戦です。しかしストレートパイロンではどうしても行き詰ってしまい上手いこといきません。・・・が、千鳥パイロンでは自分でもビックリするくらいスムーズにクリアできるようになりました。・・・結局ストレートパイロンは相変わらず進歩がみられませんでした(´Д⊂グスン もう少し何かしらのアドバイスが欲しいところです。次回の課題としましょう。

本日はここまでです( ^^) _旦~~

次回に続く・・・ ←まだ続くんかい(゚Д゚)ハァ?

|

« 第一回CRSライディングスクールinグリンピア三木 Vol.4 | トップページ | 第一回CRSライディングスクールinグリンピア三木 Vol.6 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。