« 淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 本編Ⅱ »

2009年1月20日 (火)

淡路安全運転二輪講習会 本編

 え~本編でございます。
念入りに体操をした後は、いよいよ講習開始です。どうやらワタクシの他に二名が初参加されるとの事でしたが、天気予報では降水確率90%でしたので雨を予期してキャンセルされたようです。おかげで午前中はほぼマンツーマンでご指導頂けました(^^)v

・・・で午前中でございますが、ライディングの基本姿勢を教えて頂きました。まずニーグリップの仕方ですが、太ももでタンクを挟み込む・・・当たり前のことですが、更につま先はイン側を意識してくださいとの事です。実際に地面に立ってライディングフォームをとり、まずはつま先をアウト側へ開いて内股を閉じニーグリップの状態にしてみました。そこへ指導員の方が内股をポンッって軽く叩いただけで内股が開いてしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)
次につま先を内側へ向けて同じフォームをとり内股を叩きましたが、しっかり固定されてるみたいに動きません。人間の骨格はそういう風に出来てるそうです。知識的には知ってますが実際その違いを試してみると『なるほど!』って思いますネw(゚o゚)w

お次はグリップの握り方ですが、ワタクシの握り方はハンドルに対してほぼ垂直なんです。白バイのライディングフォームの真似ですネ。これは大きな間違いだそうですΣ(゚д゚;)!!
こいう握り方をしている方の大半はUターンが苦手だそうです。曲がるときに腕が突っ張っちゃうんです。すると体は曲がる方向の逆のアウト側へ傾いちゃうんで体重がイン側へ掛からず曲がりにくくなるそうです。正しい握り方?は、左右の拳の向きが直線上できちんと並んでいる状態が良いそうです。ワタクシのバイクではハンドルに対して約45°ぐらでしょうか?握るというより、握り込む感じですネ(^o^)b

まさか、ここまで基本的なことから教えて頂けるとは思いもよりませんでした。バイクに乗り始めて約九年・・・ 無駄に乗っていたのがよく分かります(T_T)

今日はここまで・・・

|

« 淡路安全運転二輪講習会 | トップページ | 淡路安全運転二輪講習会 本編Ⅱ »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。