« CRSライディングスクール 其の四 | トップページ | CRSライディングスクール 其の六 »

2008年12月26日 (金)

CRSライディングスクール 其の五

Crs_4  ここからはコースの図がないと説明しにくくて、頼りない記憶を基にして作りました。

では、午後の部でございます。
障害物回避に始まり、S字、パイロン、クランク、狭路Uターン、S字、千鳥パイロン、狭路での障害物回避でゴールです。
まず、班ごとに連なって下見走行です。ワタクシ順番が一番最後だったのが幸いしました。
他の皆さん結構速いんですΣ( ̄ロ ̄lll)
前の方と差が広がっていくと結構焦るんです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
最初のS字で離され、クランクで更に離され千鳥パイロンで更に離されます。゜゜(´□`。)°゜。
原因は何となく分かっていました。一速、二速の切り替えでの必要以上の減速と千鳥パイロンから狭路での障害物回避の入り口で進入角の悪さでパイロンに接触しそうになり、異常なまでの減速をしてました(;´Д`A ```
さすがに見かねたイントラの方が、『そんなに入りづらいか?』と声を掛けてきたので、『ちょっとつらいですね』と答えました。その後のワタクシの狭路進入をみて、わざわざ進入の仕方をコース沿いに歩いて説明してくれました。原因は千鳥パイロンの最後のパイロン進入にありました。結構大きく取ってたはずのライン取りがまだ足りないとのことでした。
更にCRS代表NABE様から、『全部一速で走ってみて』とのお言葉を頂き、早速試してみました。
・・・本当にびっくりしましたw(゚o゚)w走りが変わりました。
変速による減速のロスが少なくなり、狭路進入も更に大きくライン取りをした結果、進入しやすくなり、必要以上の減速をしなくても良くなり、すんなりクリアー出来るようになりました。
今まで焦っていたのが冷静になり、一速でのトルクコントロールもリヤブレーキでしっかり抑えるようになり、やっと本来の走りが出来るようになり、前の人を追い抜かす勢いです( ̄ー ̄)ニヤリ
ここで改めてイントラの方の凄さを実感しました。少しのアドバイスで走りを大きく変える・・・う~ん、惚れ惚れします(*´д`*)
『前の人に追いつこうとしたらだめなんです!まずは自分のペースで走り込むこと!そうしている間に速くなってくるんです。』ってイントラの方がおっしゃいました。
CRSライディングスクール其の二で書いている、NABE様の空手のお話と似てますね(^o^)b
本当に目から鱗です;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

今日はここまで(^.^)/~~~

|

« CRSライディングスクール 其の四 | トップページ | CRSライディングスクール 其の六 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。