« CRSライディングスクール 其の一 | トップページ | CRSライディングスクール 其の三 »

2008年12月16日 (火)

CRSライディングスクール 其の二

 はいっ 続きでございます。
八の字の次は急制動と坂道発進、続けて直パイロン、千鳥パイロンでございます。
始めは30km/h、二速、次は40km/h三速、50km/h三速と徐々にスピードをあげての急制動ですが、これは慌てずブレーキを掛けることで誰でも簡単にこなすことができます。前回のスクールでは、フロントのロックを恐れてリヤブレーキを強く掛けていたため、リヤがロックすることが多いのに対し、今回はフロント重視で、自分なりにフロント6、リヤ4といった力配分で掛けていたのでリヤがロックすることもなく、制動距離も前回よりも短くなったように感じました。ブレーキの掛け方も、ギュッとではなく、グ・グーと掛けることによりロックする限界を延ばしてやることが出来るようです。自分が思っているよりフロントってロックしにくいようですネ。
坂道発進は楽勝です。何でこんなことやってるんだろうと思ってましたが、CRS代表のNABE様が『空手の練習を始める前に初級者、上級者にかかわらず、必ず基本となる動作、突き、蹴りをすることにより余分な動作を省き、それに徹した動作を身につける』というお話をされていました。坂道発進も然りということですネΣ( ̄ロ ̄lll)

今日はこのぐらいにしておきましょう(^.^)/~~~

|

« CRSライディングスクール 其の一 | トップページ | CRSライディングスクール 其の三 »

ライディングスクール&二輪講習会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。